切手趣味週間シリーズの価値と買取相場!山下白雨・見返り美人

家族写真 切手の買取相場

切手趣味週間とは、1947年に逓信省が定めた切手の価値と切手収集の趣味を広げることを目的とした一週間を表し、2010年以降も続いています。2017年の切手趣味週間に発行された切手は尾形光琳の燕子花図屏風を題材に日本の誇る浮世絵が美しいですよね。切手をこよなく愛する人はもちろん、切手収集家から切手を譲り受けた人もコレクションの中に切手趣味週間の切手がある人は多いです。切手趣味週間の切手は需要が高いのでいらないなら買取に出して欲しがる切手コレクターにプレゼントしてあげましょう!

本記事では、切手趣味週間の切手買取相場と高価買取のおすすめ買取業者を紹介します。

切手趣味週間の価値と買取相場

切手趣味週間の切手買取相場は以下の通りです。1947年から1955年に発行された切手趣味週間の価値が特に高いです。発行枚数や現存数などが大きく関係しています。

あなたの切手趣味週間の切手はいくらの買取相場で買取されているでしょうか。早速見ていきましょう!

山下白雨(1947年) 500円から1,000円(小型シート)
見返り美人(1948年) 3,000円(バラ切手)
月に雁(1949年) 5,000円(バラ切手)
法隆寺観音菩薩像(1954年) 1万円(シート切手)
ピードロを吹く娘(1955年) 100円(バラ切手)
えび蔵(1956年) 100円から150円(バラ切手)
まりつき(1957年) 50円から100円(バラ切手)
雨中湯帰り(1958年) 50円(バラ切手)
浮世源氏八景(1959年) 30円から50円(バラ切手)
伊勢(1960年) 50円(バラ切手)
舞妓図屏風(1961年) 20円から30円(バラ切手)
花下遊楽図(1962年) 10円から20円(バラ切手)

見ていただいた通り、切手趣味週間の切手は年代が古いほど買取金額が高いです。切手の買取金額が決まるポイントは希少価値で、発行枚数が少なく人気の高い切手趣味週間の切手は買取額が高いですよ!

持っている切手趣味週間の切手の買取相場が低くても肩を落とさないでください。上記はあくまでも目安なので、切手の本当の価値は保存状態(汚れや破れ)や現代切手コレクターのニーズにも左右されます。切手の高価買取を実現しているおすすめの買取業者にまずは無料査定を依頼しましょう!

高価買取のおすすめ買取業者

切手趣味週間シリーズの切手を高価買取してくれるおすすめ買取業者は以下の通りです。それぞれの特徴を確認して納得のいく業者に切手を売りましょう!

バイセルに切手趣味週間シリーズを売る

バイセルの切手買取
バイセルは、全国に切手專門の査定員を配置して切手の出張買取を行っている無店舗経営のネット買取サービスです。切手買取を月間4,000件行っている実績のある大手買取業者なので、切手に関する目利きに信頼が高いですよ。バイセルの出張査定を依頼すれば、申込後から最短即日という早さで査定員が自宅へ訪問し、即査定・即現金化を行ってくれるので手間がかかりません。バイセルは見返り美人や月に雁など切手趣味週間の切手の買取実績が豊富なので、業者選びに迷っているなら気軽に電話で無料相談してみてください!

買取プレミアムに切手趣味週間シリーズを売る

買取プレミアムの切手査定
買取プレミアムに切手趣味週間シリーズを売る場合も出張査定が便利です。電話1本で切手買取を依頼すると最短即日という早さで査定員が自宅に無料出張してくれるので手間がかかりません。出張料や手数料、キャンセル料など利用者が請求される金額は完全無料なので、気軽に無料査定を依頼してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。切手趣味週間の切手買取相場と高価買取のおすすめ買取業者を紹介しました。切手の価値は、2020年の東京オリンピックの閉会とともに下落していく可能性が高いです。切手のプレミア価値が高いうちに切手趣味週間の切手と合わせて今後使う予定のない切手を買取に出しましょう! 思いがけない臨時収入に驚く人が増えているので、あなたもまずは無料で査定額をつけてもらいましょう!

タイトルとURLをコピーしました